牧野葵美

  • ヴィオラ
牧野葵美

牧野葵美
Kimi Makino

2012年第2回東京国際ヴィオラコンクール第3位。2009年相愛大学を特別奨学生として卒業。同時にヴィオラに転向。ローム ミュージック ファンデーション奨学生としてジュネーヴ高等音楽院に留学、今井信子に師事。2011年マスターコンサート課程を首席で卒業。2013年同音楽大学ソリスト課程を修了し、現在、王立ノーザン音楽大学にてガース・ノックスの下で研鑽を積む。2011-12年ルツェルン音楽祭アカデミーに参加、首席奏者を務める。2012年、京都青山音楽賞・新人賞受賞。2013年、いずみホール、トッパンホールでのリサイタルが好評を博す。2014年はヴィオラスペース2014、武生音楽祭に招待される。2015年3月には紀尾井ホールで本格的なリサイタルを行う。

モーストリー・クラシック2015年6月号にインタビューが掲載となりました。 お知らせ

モーストリー・クラシック2015年6月号の106頁に牧野葵美のインタビューが掲載となりました。ヴィオラとの出会いやその魅力についてコメントしています。

ぶらあぼ2015年3月号にインタビューが掲載となりました。 お知らせ

ぶらあぼ2015年3月号の68頁に牧野葵美のインタビューが掲載となりました。3月23日に開かれる「紀尾井 明日への扉」公演についてもコメントしています。ぜひご覧ください。ぶらあぼ

ヴィオラスペース2014東京公演の模様をテレビマンユニオン チャンネルにて配信しています。


ブリテン/今井信子編:無伴奏チェロ組曲 第2番より
ヴィオラスペース2014 vol.23
ヴィオラ:牧野葵美

ヴィオラスペース2014東京公演の模様をテレビマンユニオン チャンネルにて配信しています。


ベンジャミン:ヴィオラ、ヴィオラ
ヴィオラスペース2014 vol.23
ヴィオラ:ウェンティン・カン/牧野葵美

top