松本和将

  • ピアノ
松本和将

松本和将
Kazumasa Matsumoto


幼い頃よりピアノに目覚め、高校在学中に「ホロヴィッツ国際ピアノコンクール」第3位など、国内外のコンクールで上位入賞。また、ジュニアオーケストラでのヴァイオリン演奏やバンド活動等で音楽の世界を広げた。1998年19歳で「第67回日本音楽コンクール」優勝。併せて増沢賞はじめ、全賞を受賞。1999年より、国内外での活発な演奏活動を開始。

2001年、「ブゾーニ国際ピアノコンクール(イタリア)」第4位。2003年、世界三大コンクールの一つ「エリーザベト王妃国際音楽コンクール(ベルギー)」第5位入賞。東京芸大在学中にベルリン芸大に留学し、ドイツで5年間の研鑽を積む。

レパートリーはベートーヴェン、ブラームスなどのドイツ物から、ショパン、ロシア音楽までを網羅し、ソロ、オーケストラ共演、室内楽、多彩な輝きを放ち続けるピアニストとして、観客はもちろん、世界中の演奏家達からも注目を集めている。これまでにプラハ交響楽団、プラハフィル、ベルギー国立オーケストラ、読売日響、日本フィル、新日本フィル、東京交響楽団、東京フィルなど、多くのオーケストラと共演。世界的指揮者の小林研一郎、飯森範親、広上淳一他とも共演している。室内楽では、ベルリン四重奏団、イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)、前橋汀子(ヴァイオリン)、宮本文昭(オーボエ)、趙静(チェロ)、漆原啓子(ヴァイオリン)、渡辺玲子(ヴァイオリン)、中嶋彰子(ソプラノ)との共演が好評を博す。2010年より上里はな子、向井航とピアノトリオを結成し、2012年には東京、京都、広島を始めとする6都市で全国ツアーを行う。

これまでに16枚のCDをリリース。ビクターエンタテインメント(株)からの「後期ロマン派名曲集」はレコード芸術で特選盤に選ばれる。2009年より「松本和将ライヴシリーズ」でコンサートの臨場感をそのまま録音する試みを始め、3枚のショパンアルバム、最新アルバムの「熱情」含む5枚のCDをリリース、また2014年3月、6月には相次いでトリオ「チャイコフスキー:“偉大なる芸術家の思い出に”」、上里はな子とのデュオ「フランク、グリーグ:ヴァイオリンソナタ」もリリース、話題になっている。

東京芸術大学非常勤講師(2008-12)、くらしき作陽大学特任准教授として、後進の指導にもあたっている。また上里はな子、向井航らとともに全国でも類を見ない室内楽専門のマスタークラス「カンマームジークアカデミー in 呉」を立ち上げ、日本の室内楽のレベルアップにも取り組んでいる。

top