加藤訓子

  • パーカッション
加藤訓子

加藤訓子
Kuniko Kato

テレビマンユニオン チャンネルにて公演映像をご覧いただけます。NEW!

J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番より プレリュード(加藤訓子編)

桐朋学園大学研究科修了とともに渡欧、ロッテルダム音楽院を首席で卒業。武満徹、スティーヴ・ライヒやフランコ・ドナトーニをはじめ、著名な作曲家や演奏家と数多く共演。古典から現代作品まで幅広いレパートリーを持ち、絶妙な音楽的洞察力と表現力の高さ、卓越した身体能力が創り上げる演奏スタイルが高く評価されている。

英国スコットランドの高音質で知られる世界的レーベル、LINNレコーズからCDを出す唯一の日本人アーティスト。2011年スティーヴ・ライヒの代表作「カウンターポイント」を世界で初めて打楽器へ編曲したソロアルバム「kuniko plays reich」は同年のベストアルバムに選出された。同アルバムのライブ版公演でサントリー芸術財団より第12回佐治敬三賞受賞。2013年に発表した第2作目のアルバム「CANTUS」ではエストニアの巨匠アルヴォ・ペルトの代表作4曲をフィーチャー、英国オフィシャルクラシックチャートでトップ10入りを果たし世界の有力紙からも高い評価を受け、ミュージック・ペンクラブ・ジャパンより第26回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門の最優秀録音作品に選ばれる。2015年には20世紀の偉大な作曲家ヤニス・クセナキスの大作「プレイアデス」とソロ打楽器作品「ルボン」をフィーチャーしたアルバム「IX」を発表、レコード・アカデミー賞現代曲部門および特別部門(録音)にダブルノミネートされた。

2017年4月には最新アルバム「BACH」を世界同時発売予定(日本のみ3月に先行発売)。マリンバソロによるバッハ演奏を集めた2枚組アルバムで、2017年から2018年にかけては同アルバムリリース記念公演として世界ツアーを予定している。

パール楽器・アダムス社(蘭)インターナショナルアーティスト。米国在住。

ディスコグラフィ

IX - IANNIS XENAKIS

IX - IANNIS XENAKIS

LINNレコーズ
CKD495

CANTUS

CANTUS

LINNレコーズ
CKD432

kuniko plays reich

kuniko plays reich

LINNレコーズ
CKD385

top