ルイーズ・デジャルダン

  • ヴィオラ
ルイーズ・デジャルダン

出演情報

ヴィオラスペース2017 vol.26
フランスが生み出した芸術音楽 
“ESPACE D’ALTOS”

5月27日(土)&28日(日)13:00-18:00
若手演奏家のための公開マスタークラス
5月30日(火)19:00
コンサートⅠ「フレンチ・タッチ」
5月31日(水)19:00
コンサートⅡ「フランス万歳」
上野学園 石橋メモリアルホール

公演詳細

ルイーズ・デジャルダン
Louise Desjardins

2015年第3回東京国際ヴィオラコンクール第3位、併せてサントリー芸術財団賞を受賞。フランスの音楽一家に生まれ、幼少の頃から室内楽の手ほどきを受けた。イザベル・ラクエンとジェラール・コセーに師事した後、パリ国立高等音楽院でアントワン・タメスティに師事し2015年に修士号を取得。2011年、室内楽作品の神髄をより深く究め、音楽への情熱を分かち合うべく、仲間と共にアキローネ・クァルテットを創設した。同クァルテットのメンバーとして、ヨーロッパ内の様々なコンサート、プロジェクト、音楽院で演奏している。オーケストラの演奏にも情熱を傾けており、フランス・ユース・オーケストラ、マーラー・ユーゲントオーケストラの他、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団のアカデミーの一員としても演奏活動を行っている。

ルイーズ・デジャルダンが所属する弦楽四重奏団Quatuor Akiloneがボルドー国際弦楽四重奏コンクールで第1位を獲得しました。

★結果発表のページはこちら
★ファイナルの映像をご覧いただけます。

QUATUOR AKILONE (1er Grand Prix)
FINALE CONCOURS INTER. DE QUATUORS A CORDES DE BORDEAUX 2016

top