イベントタイトル

今回の公演

VIOLA SPACE 2017 vol.26 Art Music Born and Developed in France

ヴィオラスペース2017 vol.26
フランスが生み出した芸術音楽 
“ESPACE D’ALTOS”

2017年は、アントワン・タメスティがプログラム構成を担当して5年目となり、満を持して、タメスティの母国「フランス」をテーマに開催します。フランス人作曲家による作品だけではなく、フランスに触発されて生まれた作品まで、ヴィオラを基調に様々な作品を取り上げます。タメスティによるユニークなアイディア満載のフレンチ・セレクションに大いに期待が高まります。

名古屋|NAGOYA
5月24日(水)公開マスタークラス 愛知県立芸術大学
5月25日(木)コンサート 電気文化会館ザ・コンサートホール

東京|TOKYO
5月27日(土)&28日(日)公開マスタークラス
5月30日(火)&31日(水)コンサート
上野学園 石橋メモリアルホール

大阪|OSAKA
6月1日(木)公開マスタークラス 相愛大学・南港ホール
6月2日(金)コンサート
      あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール

→公開マスタークラス詳細(PDF) 名古屋 東京 大阪 

ヴィオラスペース2017に寄せて・・・アントワン・タメスティ

音楽家、アーティストの表現活動は、おのずからそれぞれの文化的なバックグラウンドと密接に関わりを持っています。ヴィオラスペースに自分の祖国フランスの色を加えたいということは私の長年の夢でもありました。
昔から数多くの作曲家たちがフランスの芸術文化の影響を受けてきました。今日フレンチ・スタイルと呼ばれる様式は19世紀にはベルギーやスイスにまで広がっていました。今回のヴィオラスペースでは、その作品にフランスの影響が色濃く見られるヴュータン、武満、ストラヴィンスキーといった作曲家による名曲の数々をご紹介します。ヴュータンはベルギー人ですが、パリを拠点に大活躍した作曲家です。ストラヴィンスキーは長年フランスに滞在し、フランスの文化人との交流も盛んに行いました。そして武満は、フランス印象派、とりわけドビュッシーの影響を受けたことを公言していました。もちろん、フランスを代表する作曲家として忘れてはならない3人、ドビュッシー、ラヴェル、フォーレにも光を当て、それぞれの傑作のうちヴィオラのための作品を取り上げ、また現代のフランス人作曲家の作品も紹介します。

掲載情報

●モーストリー・クラシック2017年2月号
 室内楽、カルテットの面白さ 64頁
 ヴィオラ アントワン・タメスティ インタビュー
●読売新聞 2017年4月13日夕刊
 アントワン・タメスティ インタビュー
●朝日新聞 2017年5月13日夕刊 NEW!
 アントワン・タメスティ インタビュー
 朝日新聞DIGITAL
 アントワン・タメスティ インタビュー
●日経新聞 2017年5月16日朝刊
 日本経濟新聞
●産経新聞 2017年5月18日 NEW!
 産経ニュース

『若手演奏家のための公開マスタークラス』'受講生募集!

※終了致しました。
The audition for open master classes for viola(solo) and chamber music
(viola ensemble) during VIOLA SPACE 2016 has been closed.

[東京]5月27日(土)・28日(日)13:00-18:00
    上野学園 石橋メモリアルホール
[大阪]6月1日(木)13:00-18:00
    相愛大学・南港ホール
 講師:今井信子(✽)、アントワン・タメスティ(✽)、佐々木 亮
    鈴木康浩、大島 亮、アンドレア・ブルガー
    ルイーズ・デジャルダン ほか     
    (✽)大阪も担当

応募用紙をダウンロードの上お申し込み下さい。
締切:2017年1月25日(水)必着
応募要項(東京)vol.26 [PDF][Word]
応募要項(大阪)vol.26 [PDF][Word]


In May, 2017, the master classes for viola and chamber music will be held for 2 days in Tokyo, May 27 and May 28, on the theme of French music/French-inspired music. The classes are open to young musicians from all nationalities. Applicants are asked to attend the audition on February 2. For those individuals that are unable to attend the audition, we are accepting CD submissions.(Deadline for the submission: January 25.)
For details, please download the files and read them carefully.

●Open Master Class General Information [PDF][Word]
●Guideline & Application Form for Viola [PDF][Word]
●Guideline & Application Form for Ensemble [PDF][Word]

CD「ヴィオラスペース10周年記念アルバム」(2枚組)  Viola Space Japan 10th Anniversary

世界発売:BIS〔BIS-CD-1379/1380〕 国内盤:キングインターナショナル〔KDC-5001/2〕
特別協賛:NTTリース 協賛:オムロン/日本テトラパック/モーストリー・クラシック
協力:カザルスホール 製作:BIS/テレビマンユニオン
Amazonでの購入はこちら

CD1

細川俊夫:ヴィオラと弦楽のための「旅Ⅵ」(2002)*ヴィオラスペース2002委嘱作品
  今井信子(ヴィオラ) 原田幸一郎指揮桐朋学園オーケストラ
ペンデレツキ:カデンツァ(1984) 
  川本嘉子(ヴィオラ)
クルターグ:ロベルト・シューマンへのオーマジュ(1990) 
  菅沼準二(ヴィオラ) 村井祐児(クラリネット) 野平一郎(ピアノ)
ノアゴ:信子の本Ⅰ&Ⅱ(1992) 
  今井信子(ヴィオラ)
ポーター:無伴奏ヴィオラ組曲(1930)
  川崎雅夫(ヴィオラ)
パルトシュ:イズコール(イン・メモリアム)(1947) 
  店村眞積(ヴィオラ) 原田幸一郎指揮桐朋学園オーケストラ

CD2

リゲティ:無伴奏ヴィオラソナタ(1991-94)
  今井信子(ヴィオラ)
ベンジャミン:ヴィオラ、ヴィオラ(1997) 
  須田祥子/柳瀬省太(ヴィオラ) 
林光:ヴィオラソナタ「プロセス」ヴィオラとピアノのために(2002)
  店村眞積(ヴィオラ) 小山京子(ピアノ)*ヴィオラスペース2002委嘱作品
シュニトケ:3人組の協奏曲(1994)
  豊嶋泰嗣(ヴァイオリン)川崎雅夫(ヴィオラ)上村昇(チェロ)
  原田幸一郎指揮桐朋学園オーケストラ

top