大島 亮ヴィオラリサイタル

大島 亮ヴィオラリサイタル とは

大島 亮ヴィオラリサイタル

2018年2月にVol.5公演決定!

チラシ(PDF)

若手を代表するヴィオラ奏者の一人であり、現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者をつとめる大島亮の自主リサイタル。
2012年より、2013年、2015年、2017年6月と回を重ね、テーマ性を持たせた意欲的なプログラムに挑戦し続けている。
2018年2月に節目となる第5回の開催となる。

大島 亮ヴィオラリサイタル 2018 Vol.5

RYO OHSHIMA VIOLA RECITAL 2018 Vol.5

30歳の誕生日にスタートしたリサイタルが、ついに5回目を迎えることとなり、気持ちが高ぶっています。今回のプログラムは5曲とも異なる国の出身の作曲家です。メインには僕の大好きな作曲家であるショスタコーヴィチのソナタを選びました。音楽を通して、皆さまと共に世界旅行ができたら嬉しいです! 大島 亮

【出演】
大島 亮(ヴィオラ)
草 冬香(ピアノ)

【プログラム】
フンメル:ファンタジー 作品94
ペンデレツキ:カデンツァ
武満 徹:鳥が道に降りてきた
ボーエン:ファンタジー 作品54
ショスタコーヴィチ:ヴィオラソナタ 作品147

芦屋公演

2018年2月5日(月)19:00開演〔18:30開場〕
会場:アマックホール
   兵庫県芦屋市川西町2-12 TEL:0797-34-3451
   阪神電車芦屋駅西口より約5分、JR芦屋駅・阪急電車芦屋川駅より約12分
チケット:¥3,000(全席自由・一律料金)
<お申し込み・お問い合わせ>
 テレビマンユニオン TEL:03-6418-8617

東京公演

2018年2月12日(月・休)15:00開演〔14:30開場〕
会場:トッパンホール
チケット:一般¥4,000 学生¥2,000(全席指定)
<お申し込み・お問い合わせ>
 トッパンホールチケットセンター TEL:03-5840-2222
 テレビマンユニオン TEL:03-6418-8617

大島 亮 Ryo Ohshima(ヴィオラ)

桐朋学園大学および同大学研究科修了。第11回コンセール・マロニエ21弦楽部門第1位、第7回東京音楽コンクール弦楽部門第1位、第42回マルクノイキルヘン国際コンクールディプロム賞受賞。
ソリストとして東京都交響楽団、九州交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演。2012年東京文化会館での初リサイタル以降、定期的にリサイタルを開催、好評を博している。ヴィオラスペース、東京・春・音楽祭、ラヴェンナ音楽祭、宮崎国際音楽祭、木曽音楽祭、水戸室内管弦楽団、サイトウキネンオーケストラ、またNHK-FM「リサイタル・ノヴァ」等に出演。室内楽では原田禎夫、チョン・ミョンファ、堀米ゆず子、仲道郁代各氏等と共演。弦楽四重奏団「葦」(Vn 白井圭、ビルマン聡平、Vc 中木健二)を結成し、ベートーヴェンの弦楽作品全曲演奏会に取り組むなど、積極的に活動している。
ゆらぎの里ヴィオラマスタークラスでの今井信子氏のアシスタントをはじめ、各地においてセミナー講師を務めるなど、後進の指導にもあたっている。
岡田伸夫氏に師事。また、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ロバート・マン各氏等の指導を受ける。現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席奏者。

草 冬香 Fuyuka Kusa(ピアノ)

東京藝術大学、同大学院修士課程修了。ドイツ国立フライブルク音楽大学ディプロム課程およびソリスト課程をそれぞれ最優秀の成績で卒業、国家演奏家資格を取得。第4回ローゼンストック国際ピアノコンクール第1位、第2回アルトゥール・レプティーエン国際ピアノコンクール第1位他受賞多数。ブダペスト春の音楽祭、モーツァルト音楽祭、国内では軽井沢八月祭、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、ヴィオラスペース等に出演。ソロだけでなく室内楽にも力を注ぎ、著名な演奏家と数多く共演、信頼を得ている。ハンガリーラジオ、SWR(南西ドイツ放送局)、NHK-BSクラシック倶楽部、NHK-FMリサイタル・ノヴァ等出演。これまでに、杉本安子、小林仁、伊藤恵、ギルアド・ミショリの各氏に師事。洗足学園音楽大学非常勤講師。


マネジメント:テレビマンユニオン

top